創立以来13年皆さんと役員が一体となった努力によって、正会員221名
合葬者230名・賛助会員110名関係者総数561名(第14回通常総会現在)となりました。

多聞寺正面入り口

■墓碑所在地
〒131-0031東京都墨田区墨田5-31-13 多聞寺内
     電話03(3616)6002多聞寺

申込方法については
こちらをクリックしてください

墓碑の由来

会の年中行事

4月29日 全合葬者・合同追悼会
7月中旬 通常総会開催・新年度理事選出
11月23日 墨東めぐり・墓参会
1月3日(自由参加)隅田川七福神めぐり

 故坂斎小一郎(共同映画株式会社創立者)氏の遺族ハツ夫人が墓地資金を提供し、日本映画の民主的発展のためにつくされた映画の仲間の生涯を顕彰し、追悼する共同の墓碑建立に役立ててほしいとの申し出がありました。
 その意志を尊重し、映画を愛する人々と団体によって本会が組織され、この墓碑が建立されました。

        1992年4月29日

生前予約・合葬の申し込み方法と負担金その他は事務局にお問い合わせください。

 多聞寺のホームページ
 「映画人の墓碑の会」は、故人を納骨・合葬し、墓碑銘にその名を刻して顕彰し、末永く共同して追悼します。
 「映画人の墓碑の会」は、生前予約者を正会員にして、その意志によって運営され、総会で選出された理事会が、日常の運営に当たります。
 「映画人の墓碑の会」は、思想・信教の自由を尊重し、宗教・宗派を問わず,映画を愛し、平和と民主主義・人間の尊厳を守ります。

■事務局
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-5-12青山アジアマンション505号
    電話03(6427)4425 Fax03(5466)2312
    郵便振替 00110-7-74059


多聞寺雑記

隅田村は非常に古い村落で、一説には隅田川の名も、
この隅田村の名によったといわれています。
「洲を田に耕したので洲田村・・・」(墨水遊覧誌)といったといい、角田、須田とも書いたようです。
橋場(台東区)からの渡しを「言問の渡し」といい、多聞寺が別当を兼ねていた水神社の傍が船着場になっていました。
これが古くからの「奥州街道隅田の渡し」で、隅田村は宿駅として栄え、千軒宿の名もここに由来します。
山門の右側に立つ「隅田川七福神の碑」は、もと幕府の海軍奉行をつとめ、戊辰の役のおりには五稜郭に拠って戦った榎本武揚の書を自然石に刻したものです。

隅田山多聞寺内「映画人の墓碑」

映画を愛し平和と民主主義を支えた人々の墓碑の会
隅田山多聞寺三十世 岸田正博代  
題字は新藤兼人著 
設計中央設計・永橋為成 施工・石梅・丸山純一